読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場いじめ体験談

職場でのいじめ体験談を紹介

デイサービスで働いたとき職場の管理者と口論になり突き飛ばされました

上司からのいじめ

私は主婦になってから介護の仕事に興味を持ち、ホームヘルパー2級の資格を取得してデイサービスで働き始めました。

利用者さん10人規模の小さな施設で、働いているのは女性ばかりで全員で6人です。

私の中では、介護の仕事をしようと思う人は、基本的に穏やかで慈愛の精神がある人だと思っていました。

しかし、そんなことないんですよね。

介護の仕事をする人が、心優しいなんてことはありません。

性格のひん曲がった人が、なぜか介護の仕事をしていることだってあるんだと、そこで知りました。

その職場の管理者は、63歳の女性でした。

この人が、同じ会社の他の施設で、問題ばかり引き起こしてきた人のようで本当に大変でした。

私が働き始める前の月からその人がそこに来たそうですが、他の人は皆ベテランスタッフばかりだったので、新人で30歳以上年の若い私は、その人からの恰好のいじめのターゲットにされてしまったのです。

利用者さんへの言動や、介助の仕方について、何度考えても叱られることではないと思うことでも、徹底的に叱られました。

しかも、利用者さんのいる前で大声で怒鳴りつけ、私の人格を否定することもたくさん言われました。

私がもう我慢できないと思った出来事があります。

ある朝、私とその人の2人しか職場にいない時がありました。

2人で利用者さんの送迎に出ることになったのですが、私が車いすを車に積もうとすると、その人が車いすは自転車置き場に置いておくようにと言われたのです。

私が働くデイサービスは、ビルの3階にあるため、その自転車置き場はデイサービス専用のものではないし、もしも誰かが車いすのタイヤをパンクさせるといういたずらをしないとも限らないので、私はいつも通り持っていくと主張しました。

しかし、その人は、車いすを使うのは、駐車場からデーサービスまでの間なので、わざわざ車に載せなくても自転車置き場に置いておけば良いというのです。

車に乗せおろしする手間は2分ほどしかかからないし、私がきちんと乗せおろしすると言っても、反対してきます。

話にならないと思い、私が車いすを車に積もうとして持ち上げた時、その人がものすごい形相で、なんと私のことを力いっぱい突き飛ばしてきたのです。

転倒はなんとか踏みとどまりましたが、私の手がずれて車いすの輪にはまり、片手を痛めてしまいました。

さらに、その人は私の手首をものすごい力で握り、ビンタまでしてきました。

利用者様のお宅への迎えが遅れてしまうので、仕方なく車いすは自転車置き場に置いたまま出かけましたが、私は怒りが収まりません。

2か所に青あざができていたので、事の詳細と写真も添えて、上司にこれはいじめであり、パワハラであると報告しました。

ところが、会社は口頭で注意しただけです。

こんな会社で働いていては危険だと思い、私は即辞めることにしました。

上司に気に入られている私と同僚が話をしてくれませんでした

同僚からのいじめ

私は、会社で働いていた時、同僚から話をしてもらえないといういじめを受けたことがあります。それは、同僚として同じ時期に入社した人の5人から、いじめを受けました。同じ部署に配属となったのですが、私だけ、どうしてか、上司にとても気にいられていたのです。叱られることもなく、過ごしていたので、同僚からすれば、いい気持ちではなかったと思います。

最初のうちは、同じように食事をしたりして、同僚として仲良くしていました。しかし、上司に気にいられている私と一緒に話をしたくないと思ったのでしょう。途中から、話をすることもなくなってきました。私が話しかけると、どこかに離れていくと行ったことがありました。また仕事のこと以外は、話をすることがなく、その仕事の話しも、イヤミを言われたり、嫌な顔をされたりしました。

しかし、私はそこで仕事をする事が楽しかったので、そのようなことを気にせずに頑張っていました。すると、その同僚の一人が、やめることになりました。その原因としても、私のことが嫌でたまらなかったということも言われたりしました。そのこともとても辛かったですし、やめることはないと思ったのですが、それほど嫌われる意味がわかりませんでした。しかし、その後も上司の私に対する可愛がりようは、同じように続いていました。

そしてついに、昇格することになったのです。すると、部下となっ;元同僚は、全てやめてしまうことになりました。そのことはとても悲しいことでした。自分がどんな悪いことをしたのだろうと、考えても思いつかなかったからです。その後は、同僚がいなくなってからは、仕事自体はやりやすくなりましたが、スッキリとして気持ちになることができなかったので、なんだかわからずじまいのことで、不安な気持ちが続いていました。そしてこれからも、もしもそんなことがったら、どのように対処をすればいいのだろうと、未だに悩んでいる毎日となっています。

上司から過労になるほど働かされます

上司からのいじめ

前の会社に勤めていた時に、仕事の内容に不満を感じていました。

上司は、口では仕事を早く終わらせて、早く会社を出るようにしてくれと言っていました。

しかし現実は違って、渡される仕事の多くは納期が少なく、その日に片付けられる仕事の量ではありませんでしたね。

仕事の量がストレスとなり、仕事をする環境にまで不満がでるようになりました。

上司と対立することもありましたが、対立するたびに決まって終業間近に仕事を渡されます。

残業の全てがつくわけでもなく、1日2時間以上の残業はただ働きになっていました。

それでも、2時間までは見てくれていると思っていたのですが、とうとうその残業時間も1時間までしか見ないということになりました。

今まで残業があることが普通のことで、まさか残業代がなくなって、給料の方に響いてくるとは思いませんでした。

これは上司の問題ではないかもしれませんが、上司の仕事の作る量も半端ではなく多かったのです。

会社は、お金を払いたくないのが一番で、経費削減をいつでも考えています。

上司が会社側の人間なのかということと、それとも従業員側の人間なのかということは、大事な分かれ道になってきます。

上司が会社側につくと、これは地獄でしかありません。

経費削減を一番と考える会社と、無理な仕事量と、仕事をしない上司に巡り合わせになったことを、後悔しても始まりません。

自分に出来ることをしっかりとして、必ずイジメにあっていることがプラスになることがあると思って、頑張って行きましょう。

イジメによって会社を辞めることになりましたが、会社が変わってもイジメは大小存在しているのが現実です。

一番は、就業時間に伴う時間の束縛という部分が大きいですね。

日本人が、比較的黙って寡黙に仕事をするので、仕事場も残業のことに対して、言える雰囲気ではなくなります。

会社の思うつぼにならないように、自分のことは自分で守れるようにして行きましょうね。

私立高校で講師をしていた時、生徒からの手紙を偽装した脅迫状きました

同僚からのいじめ

とある私立高校で講師をやっていたときのことです。

教員は皆、「自分の方が指導力がある」とか、「自分の方が生徒に好かれている」と思いたい部分はあります。けれども、他人を下げて自分の評価を得ようとする教員もいます。最もよくない例としては、生徒の前で、誰かの教員の悪口を言って、その先生の評価を下げてしまうというものです。とは言っても、生徒は正直なので、「悪口を言う先生は嫌な先生」という目で見ることは多いです。

 その職場での私の体験は、近くに座っていた40歳くらいの男性と、50歳くらいの女性の先生に悪口を言われたことから始まるのですが、(聞こえるか聞こえないか、でも聞こえている)という悪口がありました。確かに、私もプリントをなくした生徒に対して、テスト前に再びあげるという指導は、よくなかったかもしれません。そうして、テスト前に生徒が質問をしに来たり、プリントをもらいに職員室にたくさん来てしまい、そのとき、「来れば、テストに出るところを教えてくれるから来てるのよね」と他の同僚の先生に聞こえるように言ったり、「○○先生が言ってたんだけど、Y(私)が一番嫌なんだって。だって性格悪いからって」と、これも聞こえるように言いました。そうしたことが重なり、朝、頭が痛くなり、職場に行きたくないと思ったりしました。そして、いよいよ担当していた高3生の卒業式がきました。そこで、その50歳くらいの先生も出席していたのですが、私が生徒と一緒にたくさん写真を撮っているのが気にいらなかったようです。

 卒業式が終わったあと、生徒のふりをして手紙が送られてきました。宛名は、字を変えていたけれど、手書きでした。内容は、パソコンで打たれたものが入っていました。そこには、「おい、こら、Y!なんだ、あの卒業式のかっこわ!この○○野郎。死ね。お前は精神分裂病だ。教育委員会に言ってやったぜ。こんなバカ教師がいるってよ。お前を殺すぜ。ヤクザにお願いしてやったからな。嫌だったら、とっとと、この学校をやめろ。」といったものでした。私は怖くなって、警察に届けました。怪しい行動をとっていた、その教員がつかまりました。一応不起訴で終わりました。重い話ですみません。

 この件で、加害者にはならないのはもちろんのこと、被害者にもならないように気をつけなければいけないということを学びました。

仕事の小さなミスから大きなイジメへ

上司からのいじめ

これは、とあるチェーン店で働いていたときのことです。

当時、私は入社4年目で他にアルバイトの方4名と次長と店長の7名体制で働いておりました。

そのお店は、ある程度年配の方から若い方まで来られるのですが、趣味の世界のお店でして、割とお客様と仲が良くなることが珍しくない業界でした。

その中の一人のお客様に、商品を販売させていただいたのですが、その際にお客様を不快にさせてしまい、店長不在だったため次長の方にフォローしていただきました。

しかし、そのお客様は翌日からもその事で電話で一時間以上の対応の要求や、本社への相談などをされていました。

最近で言うクレーマーと言われる方でございまして、最終的にご納得されたようではございましたが次長には、非常に申し訳ないと終始平謝り状態でした。

数日してからでした。

それまでは、たわいもない会話や業務連絡をよくしていたのですが、次長からぱったりと会話が無くなったのでした。

最初の頃は、私も申し訳ない思いから一ヶ月ほど黙っていたのですが、仕事にも支障が出始めました。

そしてついには、休憩もできないほど業務遅延で追い詰められていきました。

相手が目上の方とあり、また負い目もあるので何も出来ず手をこまねいたのですが、店長が見るに見かねて、ついに次長との三者面談で話し合うことになりました。

すでに3ヶ月以上経っており、私の心もボロボロで周囲の方からも何度か相談に乗っていただいたりしてなんとかやっておりました。

当初は、負い目などを考えていたのですが、これほどまでとなると憤りでいっぱいになっておりました。

『私にも原因があったのは事実だが、どうしてここまでされないといけないのだろうか』

そんな思いを持ちつつ臨んだ面談、当人からの説明をということで促したのですが、事の顛末はやはり私のミスが原因でした。

では、なぜここまでしたのか?

『ただ気に食わなかったので、話したくなかったから』

本人からの言葉でした。

落ち度が私にあるにせよ、そのような理由で私はここまでされたのか・・・

唖然としましたが、本人からの言葉なので本当なのでしょう。

私はそのまま退職をしました。

仕事のミスを全て私のせいにするおばさん

同僚からのいじめ

私は、栄養士として福祉施設で就職しました。

そこでは、私ともう一人栄養士として雇われている40代半ばの女性がいました。

それほど大きな施設ではなかったし昼食を作るだけだったので、私たちは調理師も兼ねています。

献立作成に材料の発注、栄養管理をこなしつつ、2人っきりの厨房で料理も作って皆さんに提供していました。

しかし、この2人だけで仕事をこなすというのが、いじめの温床になる原因でした。

私が入る前は、20年以上その職場で働くベテラン栄養士と一緒に働いていたそうなので大人しかったようですが、私が入ってからは私に対してとても厳しくあたってきました。

最初にいじめのきっかけになったのは、利用者さんたちの反応です。

皆さん、作業の休憩中になると厨房をのぞきに来るのですが、ガラス窓の向こうで私の事を「可愛い~」と何人かの方が言って下ってくれました。

照れながらも、ニコッと笑って頭を下げていると、そのおばさんがこう言い放ったのです。

「ここの子たちは、若ければブスでもなんでも可愛いって騒ぐのよ。本気になって調子にのって愛想ふりまくなんて、痛いわ~。」

この時に、なんだか嫌な予感がしました。

そして、入社して1週間目、ある事件が起きました。

調理は、お互いに担当を決めて行っていましたが、その時のコンソメスープはおばさんが担当していました。

ところが、職員からスープの中に銀紙の異物が入っていると苦情が来たのです。

おばさんがスープを担当していたので、さっと顔色が変わりましたが、なんと彼女はこう答えたのです。

「ごめんなさいね。この新人さんがスープを作ったの。」

スープの担当は私じゃありませんと反論すると、「自分のミスを人のせいにするの!なんて怖い子!!」と、食堂でご飯を食べている全員に聞こえるくらい大声で言われたのです。

それ以来、おばさんが大きなミスをするたびに、全て私のせいにされました。

ある時、あまりにも酷いので、他の職員もいる前で私がカッとなり「毎回なぜご自分のミスを私のせいにするんですか?」と言うと、なんとその場で泣き崩れてみせたのです。

「あなたが入社してから、私はあなたからの執拗ないじめに苦しんできたけれど、自分のミスをそうやって平気で人のせいにするあなたが怖い。」とまで言われました。

私は元々口下手で人づきあいが苦手で、そのおばさんは明るく元気で人づきあいは得意なほうです。

ですから、私が本当に酷い人間のように思われてしまい、他の人からもきつい目で見られて辛い思いをしました。

派遣社員で受付業務をしたとき仲間外れにされました

派遣社員へのいじめ

私は数年前、派遣社員として働いており、色々な企業で短期のお仕事をしていました。

ある日、大手の企業で受付の業務を行う事になったのです。その企業の受付は3人。うち、1人が出産で辞めることになり、代わりに私が採用されたのです。

3人とも同じ派遣会社の社員だったのですが、その受付業務経験が長かったらしくとても仲が良かったのです。

そこに、見知らぬ私が入ってくるということで、少し不穏な空気が立ち込めていました。

約2週間程掛けて、業務内容の引き継ぎなどを行う事になったのですが、とにかく3人の圧力が厳しくいたたまれない状況でした。

挨拶一つをとっても「今のは声が小さすぎるよね」「何か笑顔が引きつってる感じがする」「語尾が下がっているのが気になる」などと、本当に些細な事で注意を受けるのです。

もちろん、受付という仕事は初めてで、長年その業務に携わってきた人から見るとおかしな所があったのかもしれません。

でも、言葉使い、姿勢、身だしなみ、何一つ「OK」と言ってもらえないのです。

むしろ、何とかダメな所を見つけようとしているかのようでした。

昼食は交代で取るのですが、その際もまだ仕事を覚えていない私を1人にして3人で出掛けてしまう事もありました。

もしこのまま残った2人の人と一緒に仕事をして行くことになっても、同じ様に仲間外れにされることは目に見えています。

だから、引き継ぎの段階で派遣会社の上司に「私にはこのお仕事は無理そうです」とお話して断ることにしました。

出勤初日に上司から押しつけられた仕事

上司からのいじめ

高校卒業後、大学へは進学せずにある会社へ正社員の事務として入りました。

業務内容は面接時には、主にデータ入力や電話・来客応対と言われていました。

高校在学中はアルバイトをした事がなかったので不安でしたが、未経験者歓迎なのでそこもきっちりフォローすると言ってもらえて安心していました。

けれど、いざ初日に出勤してみると他の社員さんへ自己紹介する暇もなく上司から「○○の資料を何時までに片づけろ、出来なかったら残業してでもやれ」と言われました。

○○の資料なんて何も説明を受けていないのでビックリしましたが、でも上司に言われたんだからすぐやらないとと思って隣の席に座っていた先輩社員に聞きました。

でもその人はにやにや笑って「自分でやれば?」と冷たく突き放されてしまいました。

他の席にいた人に聞こうとしても皆さん無視をして、話しも聞いてくれません。

どうしようと焦りつつも解らないなりに資料をまとめて上司へ提出しましたが、その時に「全部やり直し、これだから高卒の未経験って嫌なんだよ」と言われてしまいました。

勇気を出して「教えてもらわないと解りません、面接の際にも未経験者でも大丈夫と言われました」と言ったのですがこれが間違いでした。

その日は結局上司に「お前は出来損ないだからトイレ掃除でもして来い」と言われて、会社のトイレの掃除をしました。

退勤時間までに何とか掃除を終えて戻ると「今日はもう帰れ」と言われたので、これ幸いとすぐに帰りました。

そして翌日、今日こそちゃんと業務を教えてもらおうと意気込んで出勤しましたがまた初日と同じように挨拶も無視され、教えてもらっていない業務を押し付けられ、

教えて下さいと言っても周りの方も無視して、私を見てひそひそと話しをしていました。

それから一週間程は出勤しましたが上司に「何も出来ない癖に給料泥棒だ」と言われたり、周りの社員に「話しかけるなブス」と言われ、

時にはロッカールームや机の荷物をトイレに捨てられたりトイレ掃除をやらされた挙句に「トイレ臭いから来るな」と暴言を吐かれて、もう耐えきれなくなって人事部の方に辞めたいと相談しました。

私が悪口を言われたりといじめられていた事は、他の部署の方達は知らなかったようでそこから上司より上の人も混ぜて話し合い等をする事になりました。

その結果、上司や他の社員何故私にあんな事をしたのかと言うと「高卒で自分達より年下の癖に社員とか生意気、新人教育とか面倒くさいしストレス発散でやった」といった理由らしいのです。

どうやら私より前にも数名、同じようにストレス発散だ教育が面倒だと言って無理な仕事を与えていじめた末に自己都合で退職させていたようでした。

結局その人達は他の上司らに怒られて謹慎を受ける者もいましたが、悪いとは思っていないようで終始ふて腐れた顔をしていました。

私も部署を変えるので残るかと聞かれましたが、あんな人達がいる会社は嫌だと言って結局辞めてしまいました。

皆いい大人なのに、何をやっているんだろうと本当に呆れます。

そして、今でも時々あの理不尽ないじめを夢に見ては、うなされていますしあれ以来他人が怖くなってしまいました。

飲食店のおばさんスタッフから酷いいじめ

同僚からのいじめ

以前、ある飲食店で働いていました。

当時20代前半と若かった私は、飲食店で本格的に働くのは初めてで少し緊張していました。でも、学生時代親戚が経営する飲食店で何度もお手伝いをしたことがあり、笑顔や元気のよい挨拶には自信がありました。

店長も面接でとても気に入ってくれて、仕事内容も問題なかったので、後は職場の人と上手くやっていけるかだけが心配でした。

その職場は、調理を担当している人は全員男性で、しかも若い人ばかりでした。でも、ホールを担当しているのは殆どが40代50代の女性ばかり。私と同じ位の年齢の女性も2人程いたようですが、同じシフトになることはありませんでした。だから、常にかなり年上の女性達と一緒に働かなければなりませんでした。

その女性たちが何だかとても冷たくて、「若くていいわね〜」「20代なんて羨ましい〜」という皮肉めいた事ばかり私に言うのです。そして私が調理を担当する男性スタッフに話しかけられていると「仕事も覚えていないのに話をしてばかり。人気があっていいね」などと、嫌みなことを言われました。

そして肝心の仕事ですが、分からない事があって質問しても「え?今忙しいから後にして」とあしらわれ、結局ずっと教えてもらえないのです。当然ミスも多くなるのですが、そうすると「ちっとも覚えない、又ミスばかり」と店長に報告するのです。

そういう環境に耐えきれず、僅か1ヶ月で仕事を辞めました。後で聞いた話ですが、私の友人でも何人かその飲食店で酷いいじめを受け辞めたという人がいました。

私が困るような仕事を押しつける等同僚からいじめられました

同僚からのいじめ

私は、高卒で新入社員として会社に入社した後、すぐに同じ新入社員の同僚からいじめを受けました。その理由とは、入社直後に私がとある先輩と仲良くしてしまったことが原因です。

ある日、私はとある先輩からお昼ご飯に誘われました。何でも、私の出身地を知った先輩が同じ出身地ということで親近感を持ってくれ、いろいろと会社のことについて教えてくれました。

会社に入って右も左もわからない私は、その先輩からいろいろと教えてもらいました。

しかし、それを良かれと思っていなかったのが同じ部署にいた新入社員の同僚数名です。

おそらく、私が先輩に取り入って一歩抜きん出ようとしているように見えたのだと思います。そして、入社してから1ヶ月ほどすると、その同僚らからいじめがありました。

それは、私が仕事でわからないことを聞いても無視したり、お昼を私以外の人で一緒に食べに行ったり、わざと私が困るような仕事を仕向けたりなどです。

最初の内はいじめられている事実を認めたくないため「これは偶然だ」と思うようにしていたのですが、日が経つに連れてそれが偶然ではないことを私は確信しました。

それからは、会社に行くのが私は苦痛でなりませんでした。最初に声をかけてくれた先輩にそのことを相談しようとも思いましたが、先輩が理由になっていることを考えると、相談することもはばかられました。

結局、部署異動するまでは一人ぼっちの状態が続き、社会人として私は、まずいじめという洗礼を受けたのです。

年下の先輩からいじめに合い自律神経失調症になりました

上司からのいじめ

以前2ヶ月だけ働いた職場がありました。その職場がどうして2ヶ月だけだったのかというといじめに合い自律神経失調症になってしまったからです。

本当に2ヶ月毎日がつらい職場でした。仕事自体も私には合っていなかったみたいですが、それでも職場の環境がすごく悪かったです。

その職に就職するまで私は飲食店で働いていました。そこではいつもリーダー的な存在でみんなから頼りにされていました。

しかし、就職先ではみんな私よりも年下でそれなのに私に自分達が先輩だから敬語で話せと言われました。まだ会社に入って1ヶ月くらいなのに少し違った事をしてしまうだけでそれだけで年下の先輩がきつい口調で怒ってきていました。それがもう耐えれないくらいひどかったのでお昼とかもみんなと一緒にご飯を食べる事が出来ないくらいでした。

なので私はいつもトイレに行ってご飯を食べていました。

一緒に入った同期の人達もみんな違う部署でなかなか会う事も出来なくてそれでもたまに会うとなんとなくうまくやっていました。

またそれが見ていてつらく自分の職場に戻ると男の先輩も女の先輩も私への当たりは本当に厳しかったです。

本当に私よりも年上の先輩は私に対してすごく優しかったのですが、仕事が忙しい人だったのでいつもはいませんでした。

なので私は年下の先輩達に何をしても文句を言われたまくってそれに耐えていました。ある日すごく頭が痛くなって病院に行くと自律神経失調症だと診断されてそれで仕事を辞めました。辞めたらすぐに良くなりました。

電話を取ると、仁王立ちで聞かれたりしたこともあります

派遣社員へのいじめ

派遣社員として派遣された会社での事でした。

そこはかなり専門的な分野の仕事内容で、当時全く経験のなかった私は、人が足りないという理由で数週間程度の研修のみで働く事になったのです。

しかし事情をよく知ってくれている正社員さん達は、長い目で育てるつもりだからと言って、仕事中に付いて教えてくれて指導してくれました。

一人でしっかりと仕事が出来るようになるには2年くらいはかかるから、その点ではあなたは飲み込みも早いし、ミスも少なくて優秀だと褒められもしました。

勿論それで図に乗った事などはありませんでしたが、そこまではとても順調に仕事が出来ていたのです。

しかし、同じ派遣社員の人がセクション移動で私の前に座る事になってから、事態は一変しました。

電話の応対がなってない、一つの仕事に時間がかかりすぎるなど、事ある事に私に言ってくるようになりました。

私は営業などの他部署との繋がりもある仕事内容だったので、担当者から呼び出しがあれば営業部などに行く事も多かったのですが、ある時は帰って来たら「20分も経ってるけど?話を詰めてくるのにそんなに時間がかかるものなの?」といきなり言われました。

挙句の果てには、「スカートが3cm短いから直して」と言われました。

私は背が高く、同じサイズを穿いていても人より短くなってしまうと言っても「見苦しい」の一言で片づけられました。

その人は、この仕事をして10年にもなるベテランの方だったのですが、私の前任の方が辞めた理由は彼女からの執拗ないじめだったそうです。

周囲の人たちは、職場いじめだとは思っていないけれど

同僚からのいじめ

おそらく、私の周囲にいる社員たちは、私に対する職場いじめだと思ってはいないでしょう。私も自分の心の中に押さえているので、波風は立っていません。

しかし、私は明らかに職場いじめだと受け止めている事が、会社ではよくあります。

仕事に関する色々な情報なども、周囲の人たちはみんな知っているのに、私にだけ伝わっていないなんて事は、もうしょっちゅうです。

そんな事聞いていないと文句を言うと、君は社員みんなとの会話が少ないから言ってもらえないのだと、まるで私が悪いみたいな事を言われます。

また、仕事に使う機材などをみんな新しく交換する時なども、私の分だけ注文してもらえませんでした。「みんな新しくしたのに、あなたまだ古い物を使っているの?」なんて、事が済んでしまってから言われました。

みんなが新しくするのなら、ついでに私の分も注文してくれればいいのにと文句を言うと「あなたからは、何も聞いていないから」という一言で済まされました。

結局、私だけ古い機材をずっと使っています。たとえようのない怒りが胸一杯でした。

また、たとえば上司に言われた通りのやり方で仕事をして相手からクレームがついたとしても、100%私のやり方が悪いように言われるのも、しょっちゅうです。

以前平日の休みの日に、労働基準局に電話をして相談した事もありました。しかし、会社で波風を立ててしまったら居づらくなってしまうので、相談だけに留めました。

過去に3回ほど退職を申し出ましたが、結局社長に止められてまだ勤めています。本当ならすぐにでも辞めたいぐらいなのですが、仕方がありません。

辞めてからもわざわざ嫌味を言いにくる同僚

同僚からのいじめ

バラエティショップで働いていたのですが、女性の多い職場なので仲良しグループができていて、そのグループに属している人同士でなんでも一緒に行動するという感じでした。

私はその人たちが食事中、ずっと他の人の陰口ばかり言っているのが嫌でできるだけ関わらないようにしていたのですが、それが気に障ったみたいです。

各自担当を持っているのですが、商品の検品・値付け・品出しは手が空いてる人が手伝って手早くすますように指示されていたにも関わらず横でぺちゃくちゃおしゃべりをして無視されていました。

手伝ってもらえず時間がかかってもなんとかなりますが、聞こえよがしに「なんでも一人でできると思って偉いね〜」などと聞こえよがしに嫌味を言われていました。

私が手伝おうとすると「私たちの考えでやってるから、手を出さないでくれる?」と言われ、乱れている彼女たちの担当部門のコーナーを整理することすら嫌がられました。

彼女達はわざとゆっくり仕事をして残業に持ち込み、残業代を稼いでいましたが私はできるだけ定時までに終わらせて帰っていました。

それも気に入らなかったらしく、「○○さんは、全然残業せずに早く帰ってばかり」と上司に告げ口もされました。

上司は私の仕事ぶりは評価してくれていましたが、度重なる告げ口に「もっと残業できないの?」と言われるようになりました。

新しく入ってきた後輩たちも古参の彼女たちを怖がってグループに入ってしまったので、私は孤立してしまいました。

担当ごとに商品の紹介を顔写真付きで張り出す時も私だけピンボケの変な顔の写真を選ばれて恥ずかしかったです。

一番こたえたのは、辞めた後カラオケやで出会った時にわざわざ私たちの部屋まできて、他の人に聞こえるように「あなたが辞めてから、仕事がしやすくなったわ」「みんなそう言ってるわよ」と言われた事です。

もう辞めて関わり合いもないのに、そこまで言われるほど憎まれるような事をしたのだろうか?と落ち込みました。

ほぼ全員が敵のような職場でした

同僚からのいじめ

10年ぐらい前に勤めていた職場の話です。

その当時、主人と折り合いが悪く田舎である実家に子供と別居していました。

なのでどうしても働かなければならなくなり、ヘルパーの資格を生かせる仕事を探していました。

その職場は求人広告を出していたわけじゃなかったのですが、一かバチか電話をかけてみてヘルパーの資格を持っていることを伝えてみました。

こちらの熱意が伝わったのか面接をしてもらえることになり、雇ってもらえることになりました。

後でわかったことですが、田舎の職場だったせいかヘルパーの資格がなくても働いていた方が大半で資格を持っているというだけでかなり条件がよかったようです。

ところが、この資格が逆にあだになることになりました。

しかも、オーナーの方からは気に入られていたという風に周囲に伝わってしまい最初の挨拶の段階からなんとなく空気感が違っていました。

本当に社交辞令の範囲でしか話をしてもらえず、困りました。

職場内の物の置き場所からルールまで、

「資格を持っているからわかるでしょ」的な扱いで最初の1日目はなんとか教えてはくれましたが次の日から聞かなければ当然教えてはくれませんが、聞いても教えてくれませんでした。

女性も男性もです。

逆に仕事を早く覚えようとメモを取ると怒られていました。

仕事以外の休憩時間はゆっくりできるかというと皆からさけられていました。

職員の中で唯一よその職場を経験してこられた方だけがまともに対応してくれたのでいらっしゃるときはなんとかしのげましたが、シフトが合わないときは他の人がすることを細かく見て覚えるしかありませんでした。

幸い、主人との話し合いが進んだので長く務めることには結局ならなかったのですがあんなに無視され放置された職場は初めてでした。