職場いじめ体験談

職場でのいじめ体験談を紹介

会社には仕事をするために行きたいものです

会社に行くと、会社でいつの間にか、誰も挨拶してくれないような状況になっていました。

仕事も必要以上に少なく、会社にいても何もすることがないような状況が続きました。

会社は仕事をするところと、割り切って仕事をしていましたが、仕事量が少なくて結局は暇な時間が待っているだけです。

外回りの仕事の方は、どこかで休憩をすればいいのかもしれませんが、気の抜ける場所がなく、することもなく会社の机に座っているのは、苦痛の他なにものでもありませんね。

現在の会社で仕事がない場合は、他の会社に仕事を求めて仕事を探しに行きます。

私の場合は、二つのイジメと思われることがありました。

もう一つは、仕事の量が半端な量ではなく、残業続きの会社がありました。

そんな会社に限って、残業をしても残業が付かない仕事で、周りの同僚は先に帰ってしまうというイジメを受けました。

どちらも社員の会社への不満が、具現化したようなもので、会社の雰囲気そのもののような気がします。

良い会社には、良い社員が入ってきます。

イジメが横行しているような会社には、その会社の体質があるということでしょう。

会社に入りたての場合は、どちらの場合も自分の責任なのかと思ってしまします。

しかし、慣れてくると自分の責任というよりは、周りのイジメが原因なのだということが、少しずつ分かってきます。

会社にいる時は、仕事をするということを前提に、良い仕事をしていきたいと今はそう思います。