職場いじめ体験談

職場でのいじめ体験談を紹介

派遣初挑戦でいじめ洗礼を受ける

20代の頃、派遣社員として働いていたことがありました。

それまでは正社員の仕事をしていたのですが、わけあってやめたのです。

当時は景気のいい時代でもあり、派遣で働くのが流行っていました。

今思うとかなりの時給でした。

それで若い私は飛びついたのです。

私が派遣されたのは超一流企業でした。

そこにはたくさんの派遣女子が働いていて、私が所属していた派遣会社以外の会社の人もたくさんいました。

同じ派遣会社から来た人は皆親切だったので、和気あいあいとしていたのですが、そういいことばかりではないのが人生です。

同じ部署に配属されていた、パソコンの打ち込み専用の人が問題ありでした。

その人は違う派遣会社から来ていました。

まず朝、あいさつをすると必ず無視します。

最初はあれ、聞こえなかったかなと思っていましたが、毎回なのでさすがに気づきました。

同じ仕事ではなかったので、その点はよかったんですが、共通のこととなると途端にいじわるをするのです。

共通に使っていたプリンターを使わせまいとしたり、物の場所を聞くと、わざと嘘を教えたり。

よくまあ、思いつくものだと感心します。

観察していると、彼女のいじわるには特徴があることがわかりました。

自分より年上の人、および、ふくよかな人にはむしろ親切にしています。

彼女が露骨ないじわるをするのは決まって、自分よりずっと若い人、あるいは自分よりずっと痩せている人なのです。

当時の彼女は40代で、ものすごく太っていました。

ある意味、すごくわかりやすいです。

ここの職場には半年ほどいましたが、他にやさしい人もたくさんいたので、なんとか耐えられました。

派遣初挑戦で、いじめ洗礼を受けたことで、逆に強くなった気がします。

今でも思い出すと嫌な気持ちになりますが、強くしてくれたのだと考えれば、お礼を言うべきなのかも知れません。