読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場いじめ体験談

職場でのいじめ体験談を紹介

職場の上司のお金を盗んだと誤解され・・・無視、仲間外れ、悪口が始まりました

以前勤めていた会社でのことです。

まだ入社したての頃のある会議の場で、上司の一人が

「私の財布が無い!」と言い出しました。

職場のみんなで慌てて手分けして探しましたが出てこず、

その上司はパニックになっていました。

その時、あろうことか私の方を見ながら

「今までの社員だけの頃はこんなことは一度も無かったのに!」

と言いました。

私は最初あまりのことにぽかんとしてしまいました。

そしてそのとんでもない濡れ衣に怒りが込み上げてきました。

入社したての私はよそ者で何をするか分からない、あやしい人物だ、ということなのでしょう。

もちろん私は人様の財布など盗っていません。

私が盗ったという証拠も無く、それどころかもしかして・・・という疑わしい点すら無い状態で

良くそんなことが言えるな、と驚きました。

私が犯人では無い、と分かったらどうするつもりなんでしょうか。

その1件があった後くらいからでした。

何となく社内での空気が変わり、私の居場所が無いような雰囲気になりました。

悪口、陰口は当たり前で、わざとうっすら聞こえるようなところで話し始めます。

それが長く続くので、どうしても気になってしまい仕事に集中できないのが辛かったです。

わざと私に話かけてくることもありました。

そして何かボロを出さないか待ち何か話題になりそうなことがあるとまた悪口が始まるのです。

その他にも、挨拶をしても無視されたり、検討してもらいたい書面を渡してもたらい回しで

見てもらえなかったりもしました。

ひどい時は水をかけられることもあり、もう辞めようと何度も思いましたが、

入社時期が近い仲間が分かってくれていたことと、その仕事が好きだったので何とか

続けていました。

社内での飲み会があってももちろん声を掛けてはもらえず、それどころか帰りが一緒になって

誘わなくてはいけない状態にならないよう時間をずらされたりもして、普通はこういう機会に

率先して飲みに誘って、部下に悩みがあったら聞いてくれたりするものなのでは・・・と悲しくなりました。

結局短い期間で退職してしまいましたが、自分に部下ができたら絶対にこんな仕打ちはせずかわいがって

いきたいと思いました。