職場いじめ体験談

職場でのいじめ体験談を紹介

10歳以上年が離れている同僚女性からいじめを受けました

今をさかのぼること10年以上前の話です。私が正社員で働いていた時のことです。

当時は大手企業で働いており、4年間は本社勤務で、退職するまでの1年半は新規立ち上げ部署のメンバーとして召集され、本社外で勤務をしていました。その時に、女性は私を含めて4人だけでした。加えて、私以外の女性は私より10歳以上年の離れた方ばかりで、話を合わせることに非常に苦労をしました。

彼女たちとは、初めは上手く言っていたのですが、そこは新規立ち上げ部署です。やることの割に人手が足りないので、1人で2-3人の仕事をする始末。仕事中に無駄話をしている暇などありません。それでも、普通に仕事をしていれば分かることで話しかけてこられたり、先輩にあたる方が後輩の私に聞くような内容のものでないものまで聞いてくるので、たまにイラついた素振りを見せたのかもしれません。また、私が若かったこともあり、おじさん社員から随分と可愛がられていたこともありました。

それから、仕事以外では無視等が始まりました。聞こえるように悪口を言うのは日常茶飯事。他部署の方からよく声をかけて頂ければ、”若いだけなのに、それで声かけてもらえていいね”と言う嫌味を言われたりしました。

また、私は当時から英語が話せたので、海外からの研修生の方が質問やお昼休憩に私のところまで話に来てくれていましたが、それも気に入らなかったご様子でした。海外との関連のある部署であるにもかかわらず、自分たちが全く英語の勉強や訓練をしてこなかったことを棚に上げ、”英語ができるからってなんなの”と言う言葉をかけられることもしばしば。散々無視や嫌味を言われ続けました。

但し、関連部署の方や他部署ではあったのですが、同じフロアで働いていた方からは理解をして頂けたのが幸いでしたが。

ここで済んでいればよかったですが、彼女達の輪に書類上の上司まで参加してしまい、それからは地獄のような日々でした。上司からは言うことを聞かない自分の娘に私が重なる、と言うことを移動時に言われたことがありましたが。重なる理由もただ年齢が近いだけ、と言うことだけでしたが。

いじめに加え、パワハラが始まりました。上司が他の中年男性社員を腰ぎんちゃくのように使っている人だったので、多くの人が私の嫌味を言うような日々になりました。私自身もギリギリのところで耐えていましたが、どんどんとストレスから体調を崩し病欠が増え、それがまた反感を買うという悪循環に陥りました。

退職を惜しんでくださった方も多数いましたが、自分の身体の方が大事だったことと、他にやりたい仕事が見えていたので手順を踏んで退職をしました。

時折、もったいないことをした。異動をすればよかったと思うこともありますが、今の仕事でいつか彼らを見返すつもりです。

また、因果応報と言う言葉を信じているので、自分たちがしたことはいつか自分たちに返ってくると思っています。