読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職場いじめ体験談

職場でのいじめ体験談を紹介

仕事させてくれない上司の思惑

上司からのいじめ

現在私が働いているのはある飲食店、転職してこの店に来てからかれこれ3年目に入ります。

今でこそそれほど不満も無く働いていますが、昨年はかなりストレスが溜まった年でもありました。

理由は上司との微妙な関係、ちなみに私は男で上司は年下の女性でした。

もともとは男性スタッフだけで回していた調理場でしたが、ある時彼女が入社してきました。

彼女はキャリアが長かったので、入社と同時に私の上司となりました。

歳では私の方が上ですが、何しろ私は転職したばかりでキャリアは新卒と同じようなもの、新たな分野で四苦八苦していた最中です。

キャリア豊富な彼女は仕事もそれなりに高いレベルで料理長の評価も悪くありません。

スタッフが多い職場ですがすぐに3番手ぐらいまでのポジションに着くことができました。

大きい店ですのでカテゴリー別に数名づつ別れていて、直属の上司である彼女と他数名がチームのような感じでした。

頭がいい感じがするのが入って来た当時の印象でしたが、仕事はテキパキしていてそれでいて温和な性格です。

すぐ仲良くなれたと思ったのですが、その状況は最初だけ、実は結構嫉妬深い性格だとわかったのはそれから間もなくのことでした。

ある程度要領よく仕事を把握していた私は、キャリアの割に評価が高くなりました。

料理長からも時々労いの言葉を掛けられ、マネージャーもどうやらアテにしてくれているようだと人づてに聞かされます。

給料も2年目以降は他のスタッフより上げてもらえましたので、少しづつ働く上で自信もついて来たところでした。

ところが彼女はそれがどうやら面白くなかったようで、急に私を避けて仕事を他のスタッフに振るようになったのです。

時には入ったばかりの学生のアルバイトに私が覚えたい仕事をやらせたりするので、黙っていましたがもしかしたらいじわるでそうしているのかなあと思うようになりました。

連日そんな感じが続き、たまにやりたい作業をやらせてもらった時でも、わからないことを聞くと露骨に嫌な顔をするようになります。

多分彼女も段々エスカレートしてしまったんだと思うのですが、途中からほとんど会話もしなくなってしまいます。

明らかに嫌がらせだと思った私は退職を申し出ました。

ところが店の反応は予想外でした。

店は私に彼女の配属を変えるので続けてくれと言ってくれたのです。

どうやら料理長が私を彼女以上に評価していてくれたようでした。

結果、それが不満だった彼女は退社を願い出て、会社はそれを引き止めることなく処理。

最後の数週間はまるで立場が逆転したように彼女は肩身が狭かったようです。

私からすればただ職人として仕事を覚えたかっただけの話で、彼女の上に立とうなんて全然思わなかったのですが、彼女は勝手にそう感じたのでしょう。

普通に仲良くすれば良かっただけのことですが、それぞれ感じ方は違うようです。

確かにキャリアが違う分過剰に意識してしまったと言われればそうなのかもしれませんが。